FC2ブログ
プロフィール

YOS

Author:YOS
パイプ・スモーキングをメインにしたBlogです。
だんだん増えてきたパイプ、自分でもよくわからなくなってきたので、整理・記録しておこうという思いから開設しちまいました。
というわけで手持ちのパイプをぼちぼち紹介していきたいと思っています。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
Smoking Pipes Japan
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またもやSmokingpipes.comからお取り寄せした、ノーマル・リップのステムを備えたピーターソン・システムのスタンダード。今回はラスティックのキャラバッシュ・シェイプ、#305。ものぐさパイプは何本あっても良いんです。w
クリスマス時期にオーダーしたこともあって到着まで4週間もかかった。最長記録で心配したけど、今回も煙草1缶のオマケつき。銘柄は、PETERSON IRISH WHISKEY。それにしてもホリデイ・シーズンのアメリカ郵便事情たるや、まったく恐るべしだ。

しかしカッチョ良いシェイプだな#305。なんでこれ先に買わなかったんだろう。w
shuzedさんとこの305を見てて我慢できなくなったというのもありますが。(笑)

ちなみにこの#305、#309より少し小振りでスリム。正面からの写真なんかはこのパイプのスリムさがわかるカット。横から見たイメージよりスリムなんじゃないだろうか。
ピーターソンの代表的なシェイプでもあるっぽいが、なんで日本のカタログにラインナップされてないのか不思議。そういえばあの絵のオッチャンが銜えてるのも、なんとなくこんな感じのイメージがあるけれど。決して高価なパイプじゃないんだけど、とても存在感があるパイプだと思う。

peterson7b.jpgpeterson7d.jpg

荒々しく男らしいピーターソンのラスティックはこのパイプをより個性的に見せるのに一役買っている。右端の写真のリムの端っこカケちゃってるとこなんかドカベンに出てくる不知火の帽子のようで。それもこのシェイプの一番特徴的なトコロがカケてるなんて、なんともニクい演出。←あばたもエクボw

いざ量ってみたら、数値的な重量は決して軽い部類のパイプじゃないんだけど、銜えてて楽チンなのはやはり全長を短くとってベントさせたシェイプとこの角張ったリップ形状の賜物なのだろう。フルベントってずっと敬遠してきたけど、ほんと使ってみたらいいもんだなあと最近になって実感。
このパイプはヘヴィー・ローテーションになる予感がしてたけど、最近こればっかりになってそれもちょっと困った。w

あと、これ買って気づいたのだが、吸いかけでもアーミーのステムをクルッと180度まわして反対向きに挿せば、シャツのポケットに入れておいても灰がこぼれにくい。そんなベスト・ポケット的な使い方も出来て、テキトーな僕にはなんとも有難い芸達者な1本。

ところで、こいつは同じシステム・スタンダードの#309よりも火皿径が大きいのだが、テノンの煙道開口部の径もこちらのほうが太く加工されている。なのであっちはヴァージニア、こっちはイングリッシュ系との相性が良いように感じるんだが、火皿径にあわせてこういう仕様にしているんだろうか?
まあ、たまたまなのかも知れないが、そゆことも考えてのことなら意外に芸がこまかいぞピーターソン。

Measurements & Other Details

Shape: Calabash
Length: 130.0 mm (max 140.0 mm)
Bowl Height: 47.3 mm
Outside Diameter: 36.0 mm
Chamber Depth: 36.3 mm
Chamber Diameter: 20.5 mm
Weight: 46 g
Stem Material: Vulcanite
Country: Ireland

Nomenclature:
Peterson
OF DUBLIN
SYSTEM
STANDARD 305
スポンサーサイト
ピーターソン・システム・スタンダードの#309。
僕にとっては初のフルベントかな。ピーターソンらしい、飾り気のないシェイプに惹かれました。

このパイプをセレクトしたのは、気楽に適当に使えるものぐさパイプというコンセプト。
何か作業しながら銜えっぱなしの喫煙でもフルチンな楽チンなフルベント。
フルベントはモール通りにくかったりしそうだが、アーミーならそんな必要もなくて掃除も楽、おまけに頑丈で気を遣わずに持ち運びできる。
ピーターソンのノーマル・リップは厚みがあって銜え心地はイマイチだけど、その分気兼ねすることなくがっつり噛めるし、とは言いながらもボタン形状のせいでそんなに噛まなくても歯に引っかかりがいい。ダメになったら交換したらいいってのも気楽。w
小心者の僕は、高価であったり貴重、希少なパイプは決してお気楽なものぐさパイプには出来ないのであります。
ちなみにサンドやラスティックならば余計にオッケーなんだけど、スムースにしたのは持ってなかったから。

peterson6a.jpgpeterson6b.jpgpeterson6d.jpg

というわけで届いたこのパイプ、思ってたより大柄。シェイプに多少の乱れがあったりだけど、まあこのクラスにそこまでカチっとしたのを求めても仕方ないか。ピーターソンの漢っぽさってことで許せます。w
チャンバーは細くてチムニーっぽい円筒状で、ヴァージニアちびちび用。

ところで、この#309はSmokingpipes.comで2008年末の円高差益還元セール(そんなものはやってないw)で購入したんですが、ここはノーマル・リップのシステムをいつも何本かストックしていて、P-リップがダメな人も拾ってくれるのが有難いです。オマケで煙草も1缶、PETERSON DELUXE MIXTUREがスペーサー代わりに同梱されてたり。これが他のメーカーのパイプだとどうなるかは不明ですが。
ちなみに同サイトでは#309も#313もシェイプはベント・ビリアードとなっているので僕もそうしときます。

Measurements & Other Details

Shape: Bent Billiard?
Length: 136.0 mm (max 154.0mm)
Bowl Height: 52.2 mm
Outside Diameter: 32.7 mm
Chamber Depth: 41.0 mm
Chamber Diameter: 17.5 mm
Weight: 50 g
Stem Material: Vulcanite
Country: Ireland

Nomenclature:
Peterson
OF DUBLIN
SYSTEM
STANDARD 309

ところでフルベントの長さ表記って難しいですね。ここではリップからリムの端っこまでの長さをメインに書いておきます。( )内はリップからヒール前方までの最大長です。
余談ですが、チェリーウッドのボウル全高なんかの測り方も迷いどころです。
ピーターソンのウォルナット・スピゴット#999。
999って言えば、やはり銀河鉄道999世代。あの列車番号には「究極」の意味が込められていたわけで、この999もこれ以上カッチョいいシェイプはないぞ!みたいな自信を持ってピーターソンが送り出した究極のシェイプとお見受けいたします。w

ちなみにこのパイプは新所沢の京垓にて捕獲。その日はまったくひやかしのつもり、いやむしろ何も買うまいと固い意志でもって遊びに行ったのに、棚の奥にこのパイプを見つけて、「そのパイプいつか欲しいんです」なんて言ったら、「それ4割引ですよ」なんていう若旦那の悪魔の囁きにあっさり負けた。
¥26,500が¥15,750、リボ払いで宜しくお願いします。w

peterson5a.jpgpeterson5b.jpgpeterson5c.jpg

ピーターソンの得意技、アーミー・マウントはシステムなんかもそうだけど本当便利。喫煙中にもチョイチョイって煙道の掃除とか出来ちゃうし。実際、後半になるとジュースは溜まりやすいのは煙道がスムースでないせいもあるのかな。チャンバーへ通じるエアホールはモーティスの先端の上に空いていて、下のほうがちょうどシステムのジュース溜まりみたいになる。しかしベントのおかげか、ジュースを吸い上げるようなことはなく。

しかしなんと言ってもこのパイプの魅力はスターリング・シルバーのジョイント部分。なんとも言えない機械的な魅力を放っています。シャンク側に打たれたホールマークによると、製造年度を示す右端のアルファベットはOここによれば2000年製ってことになります。
たっぷりした量感のボウル&シャンクをズバっと切って差し込まれた細いステムも、このアンバランス感がピーターソンの思い切りの良さであり真骨頂という気がします。
買ったときはチャンバー内までステインがびっしりとか、色んな意味で漢っぽいよピーターソン。
それにしてもカッチョ良いパイプ。

Measurements & Other Details

Shape: Bent Rhodesian
Length: 142.0 mm
Bowl Height: 41.0 mm
Outside Diameter: 42.5 mm
Chamber Depth: 32.5 mm
Chamber Diameter: 20.4 mm
Weight: 56 g
Stem Material: Vulcanite
Country: Ireland

Nomenclature:
PETERSON'S
DUBLIN
MADE IN THE REPUBLIC OF IRELAND
999
ピーターソンのシステム・プレミアの#301。波打つようなサンドブラストが味わいのある雰囲気。#301はハーフベントのポット。ポット好きな僕としては、システムの中では一番好きなシェイプなんだけど、TSUGEさんはどうして国内販売のラインナップに乗せないのかな~。

ちなみにこれ、初めて手に入れた銀巻きパイプだったと思います。ニッケルとは違う輝きが嬉しかったなあ。
TSUGEのカタログ曰く、シルバーのホールマークで製造年代がわかるとあったので、ピーターソンのサイトのHallmarkingで調べてみると・・・。
3つの模様の右端が“T”に見えるところから、1961年か2003年?
字体は斜めにはなっていないので、1961年製なのではないかと思われます。

peterson4c.jpgpeterson4f.jpg

ちなみに見てのとおり、ステムはリプレイスのノーマル・リップに換装しています。P-リップ苦手だし。
というわけで、オリジナルのP-リップ仕様の写真も載せておきます。やはりオリジナルのほうが断然カッチョいいのは確かですね~。オリジナルのほうにはアルミのフィルターも付いてます。リプレイス用は、スタンダード用しか用意されていないのでフィルターはナシ。

peterson4e.jpgpeterson4b.jpgpeterson4d.jpg

ところで#301用のリプレイスメント・ステム、届いたものは僕のパイプのモーティス径より太く、使うにはサンド・ペーパーでダボの径を絞る必要がありました。おそらく現行のものと一昔前のものではサイズが違うのでしょう。ということは、やはりこのパイプは1961年製ということかなとも思いますがこれ如何に。
このパイプ、ラタキア吸わせると旨いです。やっぱりシステムとノーマル・リップの組み合わせは楽チンでいいなあ。

Measurements & Other Details

Shape: Bent Pot
Length: 138.0 mm
Bowl Height: 44.5 mm
Outside Diameter: 37.0 mm
Chamber Depth: 36.5 mm
Chamber Diameter: 20.5 mm
Weight: 48 g
Stem Material: Vulcanite
Country: Ireland

Nomenclature:
PETERSON'S
SYSTEM
PREMIER
MADE IN THE REPUBLIC OF IRELAND
301
またもやピーターソンで、アイリッシュメイド・アーミーのプリンス。
特に貴重なパイプじゃなくて、だから外出用にテキトーに扱えて、そんで軽くてっていう3拍子揃ってるパイプは何本あっても良い。というか何本あっても足りないとは、大きな声じゃ言えない。
というか、そんなに外出先で吸わないのに!って最近気づいた。w

まあ、そんなパイプを探してて渋谷地下街の角、有泉でこのパイプ買ったら、あの愛想のないオバチャンが急にニコニコ顔になってワロた。w
ちゃんとモール・クリーナーもつけてくれたし。以来、アソコは愛想いいお店。

流石にこのあたりのグレードだと、シンメトリーもビシッと来てるわけもなく、小さなキズは穴埋めもなく放置なのがピーターソンの漢らしいところでしょうか。というわけで、写真は木理の良いサイドから。

peterson3b.jpgpeterson3c.jpg

このパイプはもっぱらヴァージニア、と言っても今のところ僕の場合はロイヤルヨットしか吸いませんが、とにかくそれ用。小さな火皿がマッチしているのか、深く味わえてないのか(多分そうだw)、なんぞ作業中に銜えパイプでチビくるのにはもってこい。
ジュースが沸いたりしても、ステムを抜いてフッと吹けば良いし、アーミー・プッシュというのはパイプ界の大発明だと思う。ただし、このパイプはモーティスが深すぎてステム先端に余分なスペースがあるからか、ジュースも沸き易いようだ。仕上げからも推測できることだが、旨いパイプが何本か増えた今ではお手軽さ第一のショート・スモーク用パイプという立ち位置が定着してきた感もあり。

まあ、薄い色合いも使ってる間に少しずつ深みが出てきたような気がして、わりと気に入っています。

Measurements & Other Details

Shape: Prince
Length: 137.0 mm
Bowl Height: 32.4 mm
Outside Diameter: 37.7 mm
Chamber Depth: 26.0 mm
Chamber Diameter: 18.0 mm
Weight: 32 g
Stem Material: Vulcanite
Country: Ireland

Nomenclature:
K&P PETERSON
IRISHMADE 407


FC2カウンター
検索フォーム
Pipe Search @ eBay

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。